骨粗鬆症の予防はお早めに!50代の方は注目しよう
ロゴ

骨折のリスクがある骨粗鬆症を予防するための方法

骨粗鬆症には二種類ある

骨粗鬆症と言われる病気には、閉経や劣化が原因の原発性骨粗鬆症と、病気や薬の副作用によって引き起こされる続発性骨粗鬆症の二つがあります。これらは骨をもろくする大変怖いもので、腕や足を骨折する頻度が高まるでしょう。

骨折することで考えられる生活への影響

  • 消化器官や呼吸器官への合併症
  • 寝たきりになる
  • 認知症発症のリスクが高まる

骨粗鬆症の予防はお早めに!50代の方は注目しよう

男の人

骨粗鬆症の症状を緩和する治療

骨粗鬆症になると、骨折するリスクが高くなるため、健康な人よりも生活に注意しなければなりません。そのため、薬物療法、運動療法、食事療法を取り入れて、骨折のリスクを最小限に抑え、予防に繋げていきましょう。

男女

もっと健康になるならレシチンが不可欠

時に認知症の発症を促す骨粗鬆症は、レシチンという栄養素で認知症になるのをある程度予防することができます。さらに脂質コントロールをしたり、新陳代謝を促進させたりなど、健康面でかなり活躍するので、普段からレシチンを多く含んだ食べ物やサプリを飲んで、健康維持に努めましょう。

女の人

病気予防に効く食材について

紹介したように、脳の働きに効果があるとされるレシチンは認知症にも良いとされています。そのため、どんなものに含まれているのか知っておきましょう。主に卵の黄身や白身魚卵、肉類では牛の赤身、傷めた豚肉やベーコンに多く含まれます。大豆類なら豆乳や木綿豆腐を朝食に摂り入れるといいです。また、骨粗鬆症には骨にいい食事が必要なので、カルシウムを含むワカサギ、しじみ、干しエビを食卓に並べましょう。さらに、あらゆる効果が期待できる大豆製品なら納豆や生揚げがおすすめです。乳製品が好きな方は、ヨーグルトや牛乳を積極的に摂取しましょう。

広告募集中